生物機能工学講座 A1Group
 
  研究キーワード


生体膜の構造特性と膜内脂質の存在意義
 
  何に役立つの?


生物がもつ優れた「環境適応」性の解明に繋がります。
 
  研究内容


生き物はありとあらゆる場所・条件(環境)で活動をしています。では、生物はどのような仕組みで様々な「環境に適応」しているのでしょうか?
A1研究室では生物を形作っている細胞の生体膜が「環境適応」の鍵であると考えています。環境変化(温度、圧力や添加物)がもたらす生体膜の変化を調べることで、生物が持つ優れた「環境適応」性を解き明かそうとしています。

 


      加圧により死滅したBY-2細胞